お料理紹介

コース アラカルト プラン ドリンク お料理紹介
メニューの構成は基本コースは、ディナーからアラカルトも可能です。
Lunch Menu
A 2,500円 B 4,000円 C 6,000円 D 8,000円
Dinner Menu
A 6,000円 B 8,000円 C 10,000円 D シェフお勧め旬のコース 12,000円(前日までの要予約)
Menu Reconnaissance
シェフお勧めマリアージュコース 18,000円(3日前までの要予約)

interior_tea

「ハーブティー」
コースのはじめに、南知多の「ホリスティックファーム」さんのハーブティーで体を温め、心を癒やし、全身をリラックスさせ、食事をより楽しめるようにと想いを込めて提供しています。

interior_kobachi

「鱧のフリット フルーツトマトのピュレ ハマグリソースの泡」
鱧にセモリナ粉をまぶしてフリットにしたものと揚げ茄子をフルーツトマトの甘味優しいピュレとハマグリソースの泡でさっぱりと。
茗荷や芽葱、金針菜、大根の花と素材にも和の要素を散りばめ、その味わいをあっさりと胃に優しいお口取りとなっています。

interior_pan

自家製パン「玉葱のフォカッチャ」
玉葱の甘味が引き立ち、ふんわりとした美味しいフォカッチャ。

interior_nasu

前菜「和歌山県 南紀 すさみケンケン鰹のマリネ」
和歌山県の南紀で漁れたすさみケンケンカツオをマリネし、セミドライトマトとピクルス、玉葱を刻んだプロヴァンス風のソースと一緒にサラダ仕立てでさっぱりと。
食感のアクセントにフライドオニオンと生で食べれる大阪の泉州産の水茄子を添え、ジュワッと瑞々しい茄子の旨み、そして強い甘味を感じます。
すさみケンケン鰹とは、ケンケン漁で釣り上げた鰹を直ちに活け締めにした上で血抜きをしたものを、水氷で保存し、沖合いから短時間で市場に運んできたもの。
丁寧に放血され、氷温に保たれた鰹の身は、脂が乗っていながらもさっぱりとした食感と舌にまつわりつくような旨みがあります。

interior_pan-2

自家製パン「丸パン」
香ばしいバターの甘い香りが楽しめるふわふわもっちりの優しいパンで、ソースにも良く絡み合います。

interior_tai

「的鯛のポワレ 焼きナスのソース ハマグリソースの泡」
的鯛のポワレを香ばしい焼きナスのソースとハマグリソースの泡たっぷりであっさりと。
添え野菜は、万願寺唐辛子、ほうれん草、姫筍と共に食感が楽しめます。

interior_tori

「三河赤鶏のロティ」
三河赤鶏は、良い環境でのびのびと飼育され、広葉樹エキスを加えた飼料で育つため、鶏特有の臭みが少なく、ビタミン、ミネラルを豊富に含んでおり旨味に溢れています。
しっとりと柔らかく仕上げた三河赤鶏は、黒川の金山寺味噌を用いた和風のソースでいただきます。添え野菜に、とうもろこし、蕪、人参、芋と一緒に楽しみます。
陶芸作家である徳田幹也氏の常滑の土でできた作品を器に用いられており、表面の感触が滑らかで、長く使うことによって独特の風合いが生まれるこの器のように、年を重ねるごとに魅力を増し、お客様に長く愛されるお店を目指されています。
全体的に和の要素も上手く取り入れられたコースで、フレンチといえども、胃に優しくすんなりと入り、あっさりとした味わいに溢れている料理です。

interior_ice

「マンゴーのプリン」
パティシエールがつくるマンゴープリンにミルクのアイスを添えて、マンゴー、パッションフルーツ、パイナップルを加え濃厚なマンゴーソースで。

interior_coffe

「コーヒー」
程好いサイズ感のコーヒーカップで、最後まで胃に負担を掛けない優しさを持ち合わせています。
コクと苦味、酸味がバランス良く味わえ、食事の〆に最適です。

interior_yasugata

シェフ安形元晴
大分県出身の1979年生まれ、辻調理料理専門学校卒業後に、フランスや東京での修行や軽井沢でのレストラン経験を活かし、昨年独立。